ニキビ跡にビタミンC

顔にできてしまったニキビ跡に悩んでいる方はとても多いです。
ニキビができていた頃はなんとか治したいとニキビの芯を出そうとしたりいろんなクリームを塗ったりしたことがあると思いますが、ニキビ跡になってしまってからはほとんど諦めて“隠すこと”に専念している方がほとんどのようです。
女性は凹凸になってしまったクレーター部分にファンデーションを塗りこむことで隠している方が多いですが、ニキビ跡も悪化するということはあまり知られていないようですね。

 

しかし、化粧はニキビ跡に良くないとはいっても日常生活を送るなかでノーメイクというのは支障がでるケースも多いでしょう。
接客業やサービス業の場合はニキビ跡を晒したままにするというのはありえませんしね。
根本的にニキビ跡を治すためには化粧はすぐにやめたほうが良いに決まっていますが、現実的に考えると難しいですね。

 

隠すのではなく根本的にニキビ跡を治すためには

ニキビ跡を根本的に治すためにはビタミンCをニキビの患部に浸透させることで改善します。
ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑える効果がありますので、悪化の進行を食い止めることができるのです。

 

ニキビ跡ができている場合は表皮と角質層の間の真皮と皮下組織部分が硬くなって
ビタミンCや美容成分が浸透しにくい状態になっていますから、まずは硬くなってしまったニキビ跡部分に
導入型柔軟化粧水を浸透させて吸収しやすい肌環境に改善しましょう。