思春期のニキビ跡

思春期のニキビ跡を改善するためには、

  • ストレスをためない
  • ゴールデンタイムにしっかり寝る
  • 偏食をしない
  • 紫外線を防止する
  • ビタミンC誘導体摂取を意識する

上記の4点を意識することが重要です。

ストレスをためない

これは思春期だろうが大人だろうが良くないですね。
ニキビ跡に限らず、ストレスは美容の敵です!

ゴールデンタイムにしっかり寝る

肌のゴールデンタイムは成長ホルモンがもっとも分泌される時間帯である
22時から2時にしっかり寝ていることが重要です。

偏食をしない

偏食はニキビを悪化させる原因になります。
新たにニキビができてしまう可能性があります。
野菜不足にならないように、しっかりバランスのとれた食事をとるようにしましょう。

紫外線を防止する

紫外線で受けた肌ダメージを再生するために、肌の中ではメラニン色素が働いて
黒ずんだ肌になってしまいます。メラニン色素の働きによって肌が黒ずむという原理は
日焼けによって肌が黒くなる原理です。

ビタミンC誘導体摂取を意識する

ビタミンC誘導体はニキビが治るだけでなく、肌のキメが整う、肌がツヤツヤしてくる、
肌が柔らかくなる、毛穴やシワが目立たなくなる など、
肌質そのものを良くしてくれる効果があります。
その秘密はターンオーバを正常化してくれることにあり、美白効果もあります。
美容に興味があるのなら必ず摂取したい栄養素ですね。