ニキビ跡を治すにはピーリングが効果的

ニキビ跡や肌トラブルの対策法として、クリニックでピーリングを受けるという方法もあります。
ニキビ跡に悩んでいる方であればピーリングをしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ピーリングは「皮をむく」という意味があり、老廃物がたまって環境が悪くなってしまった古い肌を溶かして
新しい肌を再生する治療方法です。

 

ピーリングで肌の表皮を剥がすと、角質層では新しい肌を作り始めます。

 

通常の肌の入れ替わりのことを「ターンオーバー」といい、新しい肌に入れ替わることを指します。
ターンオーバーによって古い表皮が剥がれ落ち、新しい表皮に約28日かけて入れ替わるのです。
肌は常に同じ状態と思っておられる方も多いようですが、私達人間の体というのは常に古い細胞が死滅して
新しい細胞が生まれています。
肌も例外ではなく新しい肌に入れ替わり続けているのです。

 

ピーリングは、この肌の入れ替わるターンオーバーのペースを薬剤によって人工的に早めるというものです。
しかしニキビ跡の部分というのは、当然次に生まれてくる肌がいきなり綺麗になるわけではありません。
古くなった表皮をピーリングで溶かすのと同時に、次に生まれてくる肌を作っている角質層に
美容成分を補給してあげることが重要ですよ!

ピーリングが人気の理由

さまざまなニキビ跡改善方法のなかで、ピーリングがいちばん人気があるようですね。
痛みが少しありますが、液剤を塗ることで肌表面を溶かすので即効性が見込めるというわけです。

 

ニキビ跡で悩んでいる方は、摂取する栄養分を改善することももちろん重要ですが、
それと並行してピーリングを試してみるのも良いでしょう。

 

ピーリングと並んで人気のニキビ跡治療としてレーザー治療も人気ですが、
こちらは自分ではできませんし、高額な治療費がかかるのでちょっと敷居が高いですよね。

 

治療費が高いのだから、当然レーザー治療のほうが効果が高いと思われるかもしれませんが、
レーザー治療もピーリングも人工的に肌表面に刺激を与えて新しい肌組織を作らせるという
原理はいっしょです。

 

古い肌表面の薄皮一枚を溶かしてターンオーバーを早めるというわけです。

 

 

ピーリングもレーザー治療と同じくクリニックで受けるのがいちばんです。
エステサロンでもピーリングを受けることができますが、サロンのピーリングは医療行為ではなく
美容目的のピーリングになります。
クリニックでは美容目的ではなく皮膚の治療目的で施術を受けることになりますから、
より効果的な「治療」を受けることができるのです。

 

ニキビ跡を治すというケースでは「美容目的」というのはちょっとニュアンスが違いますよね?
クリニックで治療するのがいちばんでしょう。

 

治療費が負担になるのであれば市販されているピーリングを試してみるのも良いでしょう。
※市販のピーリング剤を使用する場合は医師への相談とパッチテストをして、
自分の肌に合うのかを調べてから使うようにしましょうね。